SWEET LINEのバナー
サイトについて
寂しい気持ちが膨らんでいるのがどうしてなのか分からずに今までの結婚生活を過ごしてきました。その理由にようやく気付き、登録しています。
最近の投稿
ちょっと大人の関係を望んでます。まずはメールからどうですか?38~58歳ぐらいの方と仲良くなれたら嬉しいです。
料金 登録無料
評価 ★★★★
口コミ ★★★★★
ジャンル セフレ・割り切り
もっと詳しく見る
愛カツのバナー
サイトについて
ちゃんと会える人希望です。出逢い系でも出会いは大変だと聞いてます。そこで出会えたら嬉しいな・
最近の投稿
優しく思いやりのある人、一緒にいて楽しく過ごせる人!手をつないだり腕を組んでほのぼのデートとかいいですね。
料金 登録無料
評価 ★★★★
口コミ ★★★★
ジャンル JK・プチ援助
もっと詳しく見る

セックスフレンドと恋人の関係性の違いと、セフレを探す確実な方法


セックスフレンドという関係性は、果たしてどういったものなのでしょうか。恋人ではいけないのでしょうか。そもそも、そういった関係を築くのは、人として正しいことなのでしょうか?まずセフレと恋人の具体的な違いについてみていきましょう。それは、セフレを作るというのが倫理的にどうなのかといった問題にも繋がってくるところです。

まず恋人は、お互いに好きあっているということを前提にした、基本的にはある「異性」と交際関係のことを指します。世間一般に恋人らしいと言われていること、たとえばメールや電話をこまめにして、連絡を密にするとか、食事やアミューズメント施設へ行くだとか、特別な日にプレゼントを贈るだとか、キスやセックスをするとか、そういった行為を経て親睦を深めていく関係性のことを「恋人」というのです。

もちろんそれは親睦を深める結果になるとは限りません。少しずつ相手の嫌なところが見えてきて、最初の気持ちが冷めてくるといったことも起こりうるのです。そうして別れに至った場合には、悲しいとか、苦しいとか、寂しいとか、そういったマイナスの感情の湧き出てくるのが、この恋人という関係の特徴でしょう。むろん、遊びで付き合っていた場合は違うかもしれませんが、好きになった人に別れを告げられたときには、やはりマイナスの感情が押し寄せてきます。

これは恋人に対して、その人が、精神的に依存をしていた結果に他なりません。その感情がしばしば、人を凶行に走らせます。別れを告げられて怒りが爆発し、相手を殺してしまったなんて話は世に溢れています。つまり恋人というのは、心の面でも体の面でも、非常に相手との距離の近い、密着した、様々の要素の絡み合った、複雑かつ依存的な関係ということができます。

対して、セックスフレンドのほうはどうでしょうか。セックスフレンドは、体だけの関係です。セックスを楽しむ、そこに主眼を置いた、相手に依存しない関係であるといえましょう。むろん体の面では相手に依存するというところもあるかもしれませんが、心が支配されてしまっていないだけに、相手と離れたときに感じる喪失感や哀しみも、恋人のそれに比べれば薄弱です。セックスできなくて残念だなぁ、としか思わない人も多いのではないでしょうか。

さて、世の中には、セックスフレンドというものを否定する人も多くいます。自分はしない、というスタンスではなく、そういうものは作らんほうがいいなどと言う人もいます。そういった意見に流されて、セフレを作るのをためらったり、諦めてしまったりしていませんか?しかしそれは損というものです。なぜなら、セックスフレンドを作るという行為は、本質的には恋人を作るのと同様のものであり、また、そういった体だけのドライでクールな関係を求めている人は、男性にも女性にも多いからです。

恋人とセフレの目的は

恋人とセックスフレンドは、本質的に、やっていることにそんなに違いはありません。まず、どうして男性が女性に、あるいは女性が男性に惹かれるのかというと、結局のところは、相手の性的な魅力に心を打たれるからなのです。この人と交配をしたい、子孫を残したい、本能はそのように活動しているのですが、それが意識に放たれるまでに別の感情に変換されて、すりかえられてしまっているのです。それが「好き」という感情に他ならないのです。

今の文化や理想などに考えが濁されてしまっていますから、好きという感情を抱くと、人は決してそれを性衝動とは認めませんが、実際のところは単なる性的欲求の発露に過ぎないんですね。このことは、好きになった相手とセックスしない人間のいないことが証明してくれています。恋人として付き合っている異性とセックスをしないなんていうのは、よほどの潔癖症か、子供を作る方法すらまともに知らないピュアなお子ちゃまのいずれかです。

さて、好きという感情が性衝動に他ならないということがわかりましたらば、次にセックスという行為について見ていきましょう。好きな人とでなければセックスできない、そういうことを言う人がいます。それをポリシーとして持っていることを、とやかく言うつもりはありません。しかし恋人とのセックスに「避妊具」などというものを使っているのなら、そこにはなんら説得力がないといえましょう。

好きという感情は性衝動の変形に過ぎないというのは、すでに見ました。しかし、もしその感情にしたがって、子供を作るためにセックスをしているのだとすれば、それは人間本来の、動物としての、種繁栄の仕方として正しいことなので、セックスフレンドのするセックスとは区別されます。子供を作ることには責任が伴いますし、子供ができれば男女の関係は恋人よりも高次の位置にある「夫婦」というものに変化し、法的制約が生じます。

でも、今の恋人のするセックスは、すべて快楽目的のものですよね。コンドームなどを使って、妊娠をしないようにして、セックス本来の目的を失わせ、そこから得られる快楽のみを目的としたセックスが、恋人たちの間で行われます。他方、セックスフレンドも、快楽を得ることも目的としたセックスをします。ここになんの違いがあるのでしょう?好きという感情の有無だという反論ができないことは、もう言うまでもありませんね。だってそれは性衝動なのですから。性衝動に従って、特定の異性と、快楽を得るためのセックスをする。この点において、恋人とセフレはまったく同じなのです。セフレにはっきりと、それと認識したうえで欲情する人のほうが、いっそ素直で聡明とさえいえるかもしれません。

また、法的制約を受けないという面でも、両者は同じ条件にあります。結婚してから他の異性に手を出すと、契約違反になりますから、相手に損害賠償をしなければなりません。しかし恋人も、セフレも、法によって固められた関係性ではないので、他の異性と親しくしようと、セックスをしようと、関係ないのです。恋人とは複雑な要素の絡み合う関係と言いましたが、それは実は本人の義務感、責任感、あるいは恋愛への偏見、先入観に任され預けられているものであって、どれほどの距離感で付き合うかは本来自由であるのです。その偏見や先入観がなければ、恋人の男女はそれこそセフレみたいな付き合い方をするようになるでしょう。

こう言うと、恋人は、たとえばまめに連絡を取り合ったり、デートをしたりするじゃないか、と言ってくる人もいるかもしれませんが、それは恋人特有のものではありませんし、セフレにおいても、そのように実に仲良くやっている人は多いので、反論としては不適切です。恋人もセフレも、結局、結婚や子作りが絡まないのであれば、本質的に関係性は「同じ」であるということですね。

ずっと一途でいられる?

それでは、同じ人をずっと愛し続けることができるものでしょうか。他の人に目移りしたり、嫌いな面が見えたりしても、じっと我慢してその人と恋人としてやっていかれるものでしょうか?無理です。結婚をしてしまえば法的制約が結びつきを強くしてくれますが、普通、人は同じ人をずっと愛し続けることはできません。かといって、性衝動を好きという気持ちに歪めてしまっている人たちは、その人に依存してしまいますから、浮気をして振られたらと考えると何もできません。しかしその誠実さが必ずしも報われるとは限らないのです。真面目に付き合っていても、ふいに別れを告げられたりするものです。

恋愛は理不尽なものですが、相手に依存してしまっているだけに、別れを告げられたときには極度の寂しさ、悲しさ、苦しみといったものに襲われます。本質的には同じであるはずのセフレとは違って、ひどく傷ついてしまうのです。それが成長に繋がるというのは、無責任な、結果論者の言にすぎませんから、相手にしないほうがいいです。そういったわけで、賢く、スマートに生きる方法を考えるとすれば、まず第一に、恋人ではなく、セックスフレンドを作って欲求を満たすことが大切なのです。別れを告げられようと、他の男と何をされようと、屁でもない。純粋にセックスだけの関係、会ってもらえなくなっても、そのことによる悲しみから日常生活に変調を来たすなどといったことの無い関係性。

そういう存在を作って、本能的欲求である性欲を満たし、その傍ら、結婚を考えられるような人を見つけていく、「最後の一人」を探していく、このようにするのが一番よいのです。セックスフレンドと、お互いに励ましあったり、時には異性としてアドバイスをしてやるような関係になれれば尚いいですね。相手に依存しない、セックスフレンドという関係は、恋人と本質的には同じなのですから、依存していないだけ、悪影響が少ないのです。

別れたときの感情もそうですが、連絡が取れなくてイラついて、浮気を疑って不安に陥ったり、他の男と仲良さそうに話しているのを見てイラついたり、そういったこともありませんから、感情が乱されないという意味で、依存していない関係こそが真に生活を豊かにしてくれるのです。

セックスフレンドの作り方

それでは、セックスフレンドはどのようにして作ればよいのでしょうか?その方法を知らずに、どうすればいいかわからなくて困っている人も多いかもしれません。しかしこれは実に簡単なことで、出会い系サイトやSNS、ネット掲示板などを使って、相手を探していけばいいのです。中でも、確実さで秀でているのは、出会い系サイトでしょう。出会い系サイトというのは、昔からそうであったように、今でも、セフレを求める男女が多数登録しています。その中から好みの人を選んで、メールをすればよいのです。

出会い系サイトというと、あまり良くないイメージを持っている方も多いでしょう。サクラであったり、迷惑メールであったり、同時登録であったり、架空請求であったり。しかしそれらの黒い噂は、すべて「悪質出会い系サイト」に端を発するものであり、優良出会い系サイトと呼ばれるものに登録すれば、それらの脅威に悩まされることもありません。セフレを探すには、何よりも、どの出会い系サイトを使うか、選ぶかといったことが大切なんですね。

それでは、優良出会い系サイトをどのようにすれば見つけることができるのかというと、それはまず登録前に利用規約を読むこと、そして登録後に「お友達紹介機能」の有無を確認することによってです。

利用規約を確認!

出会い系サイトに登録する前に、必ず利用規約を読むようにしてください。そこにはそのサイトのことが書かれており、ここから、優良、悪質の判別が可能となります。利用規約を開きましたら、最初のほうは読み飛ばしていいので、下へスクロールしてみてください。そこに、他のサイトへの「同時登録」がなされるといったことが書いてあれば、そこは「悪質サイト」です。登録しないでくださいね。

もしそのような記述が見つからなければ、次に料金体系を確認しましょう。優良出会い系サイトの料金相場は、メールを読むのは無料、送るときに一通あたり50円ほどかかるといったところです。掲示板の書き込みや、プロフィールの詳細を閲覧するなどのアクションは、すべてメール送信よりも安く設定されています。もし料金体系に、メールを読むのが有料とあれば、まず間違いなく悪質出会い系サイトです。

また、アドレス交換を有料としている場合も、悪質サイト確定となります。メールの中で何を話そうと自由。アドレス交換は普通の言葉のやりとりの延長にあるものです。優良サイトはそれを無料としていますが、悪質サイトは必ずと言っていいほど、これを3000円などといったバカな設定をしています。登録してはいけません。そもそも利用規約や料金体系を確認できないサイトは論外ですから、これも登録しないように気をつけてくださいね。

さて、この第一の関門をクリアしましたら、次に「お友達紹介機能」の有無を確認します。その前に、登録してすぐに女性からメールが届いたり、利用規約に書いてあることと実態が違ったりした場合には、即刻退会して、メールアドレスを変更してしまったほうがよいでしょう。さて、お友達紹介機能ですが、これは、ユーザー個々に与えられたURLから、誰かがアクセスし、その人が新規に登録すると、URLの持ち主に数千円分の無料ポイントが付与されるというシステムです。これを活用すれば、半永久的にサイトを無料で使うことも可能で、金を毟り取ることばかり考えている悪質サイトには絶対に実装されえないシステムであるといえます。これがあるだけで、そのサイトは優良出会い系サイトと確言できるほど重要なものです。

時には、これをアフィリエイトとして、換金可能なポイントを付与するといった試みをしているサイトもありますので、場合によってはお小遣い稼ぎをすることもできるんですね。これがあることを確認したら、あとは安心して、相手を探していくだけです。

出会い系サイトの登録方法、使い方

出会い系サイトへの登録方法は至って簡単。サイト指定のメールアドレスに空メールを送信するだけでOK。そうするとメールが返ってきますから、その仮登録メールの本文にあるURLをクリックし、ジャンプした先でニックネームや生年月日、自己アピールなどの基本プロフィールを設定します。それが完了しますと、本登録官僚メールが届きますので、また、その本文にあるURLをクリックしてください。そうすると、サイトを利用可能になります。登録のときは、何かあったときのために、フリーアドレスを使っておくと、後々困ることもないですよ。

それと、別にもうひとつしなければならないことがあって、それは年齢確認です。出会い系サイトを未成年者が利用し、そこから事件が発生するなどの事案が多くあったため、管理が厳しくなっているんですね。これは正確に言うと、必ずしなければならないものではありません。年齢確認を済まさなくとも、サイトを利用することはできるんです。しかしその状態だと、サイトをSNSとしてしか利用できなくなり、アドレスや電話番号の交換が不可能となります。連絡先の交換は、セックスフレンドを探すうえで、デートの約束を取り付ける前段階として非常に大切なことでありますから、できれば、年齢確認を済ませたほうがよいでしょう。

やり方は簡単で、身分証の、年齢を確認できる部分を写真に撮って、メールに添付して送ればいいだけです。そうすれば向こうが処理をしてくれますから、それが終わると、連絡先の交換が可能となるんですね。今では、この年齢確認を済ませた人に、無料ポイントをプレゼントしているサイトが多くあります。少しでもお得に使えるのなら、そのほうがいいですし、やはり身分証の提示はしておいたほうがよいでしょう。

サイトの使い方としては、掲示板などに書き込みをして女性からのメールを「待つ」のと、自分からメールを送って「アプローチする」のとがありますが、男性が掲示板に書き込みをしても、イケメンでない限りは、中々、メールをもらえることはありませんので、自分から、能動的に女性に関わっていくのが主となります。
その方法としては二つあって、ひとつがプロフィール検索、もうひとつが掲示板の利用です。

プロフ検索と掲示板

プロフィール検索というのは、様々の条件を設定して、登録女性の検索、絞込みを行い、自分の好みに合致する人をピックアップできるというもの。ここからメールをすることによって、好みの人と会うという目的において、より精度の高い仕方が可能であるといえるでしょう。ただこれにはふたつ問題があって、写真などをあまり信じすぎると、思わぬ罠に嵌まってしまうことがあるのと、プロフ検索で結果に表示された女性が、今現在も出会いを探しているとは限らないというのがあります。

私も写真に騙されて、とんでもなく不細工な人と会ってしまった経験はあります。それも何度も。よって、写真だけで判断するのではなく、その人がどういった経緯でサイトに登録しているのか、そしてこれまでどのくらいの男性との交際があったのか、そういったことをルックスも含めて総合的に見て、会うかどうかを決めるのがよいと思います。また、出会い系サイトでは、彼氏がすでにいるのだけれど、別れたときのために登録しているといった女性が少なからずいます。そういった人にメールをしても仕方がないので、最終ログイン日などを確認のうえ、メールを送るようにしてください。これはポイントの節約にもなります。

次に掲示板ですが、掲示板のいいところは、今、出会いを求めている人が書き込みをしているということです。掲示板に「会いたい」「エッチがしたい」と(新規に)書き込むのですから、プロフ検索の場合とは違って、その女性が今出会いを欲していることは確定します。古い書き込みは別ですが。しかしながら、相手のルックスや、会う場所、日時について文句を言えないというのが、掲示板からの出会いの特徴です。出会い系サイトでは女性の立場のほうが上であり、男性は、頭を下げて「セックスさせてください」とお願いをする立場にあります。そのことを女性もわかっているので、どこどこに、何時に待ち合わせをしたいという自分の主張を曲げることはありません。それが果たせない男には興味がないというわけです。

また、いま出会いを求めている女性の中には、あなたの好みではない人も少なからずいることでしょう。体感でいいますと、半分弱くらいは、そんなに可愛くない人です。しかし贅沢を言っていては会うことはできませんから、顔には目をつぶるくらいの男気がないと、セックスフレンドを作ることはできませんよ。掲示板からメールをした場合には、他の男性との競争に打ち勝てるかどうかが問題です。できるだけ早く、つまり書き込みを発見したらすかさずメールを送る。それもその内容が、その女性のプロフィールをしっかり読んだものであるのがわかる。そういったメールを心がけることによって、セックスフレンドのできる可能性も格段にアップします。

みなさんも出会い系サイトを使って、素敵なセックスフレンドを見つけてくださいね!

サブコンテンツ

このページの先頭へ